スマホ症候群

スマホ症候群

こんにちは!

阪神尼崎にある伊東鍼灸整骨院の神です。

 

 

2月も終わりに近づき、少しずつ気温が高くなってきましたね。

ちょっと前までは日中も寒く、外に出るのもためらってしまうほどでした(>_<)

そのためスマホを触っている時間が長くなったという人も多いのではないでしょうか?

そうした所からも体の不調は起こってしまいます。

 

最近はスマホやタブレットの普及が進み、

さらに画面が見やすくなったことで使用時間が長くなったことが原因で

体の不調が起こっている方が増えているようです。

そういった、不自然な姿勢(うつむいたままやうつ伏せ)でスマホを長時間使用することによって起こる

体のトラブル全般を「スマホ症候群」といいます。

症状としては、首や肩のこり、腕のしびれ、肩が痛みであがらないといったものから、

頭痛・めまいまで様々なものがあります。

 

 

では、ここでスマホ症候群チェック!!

・スマホやパソコンの長時間の使用で肩・首のこりを感じる

・パソコンを1日5時間以上使っている

・猫背である

・天井を見ようとすると首に痛みや違和感がある

・目が疲れやすく、ドライアイになっている

このチェック項目のうち、当てはまるものが2個以上ある人はスマホ症候群になっている可能性が高いようです。

 

うつむいてスマホやタブレット、ノートパソコンを覗き込む前傾姿勢はストレートネック

になりやすくなるようです。ストレートネックになると首の筋肉だけでなく関節にも

負担がかかり、時には呼吸が浅くなったり睡眠の質も落ちてしまいます。

 

そもそも、猫背の状態でのスマホ操作やデスクワークはこうした「スマホ症候群」の

原因となります。

姿勢矯正で猫背を治し、正しい姿勢に導けばスマホ症候群の症状は改善されます!

→詳しくはこちら

 

また、お知らせが遅くなりましたが伊東鍼灸整骨院では来院された方に、

2月限定矯正治療を半額で受けていただけるクーポンも配布しています。

この機会に、ぜひ体験してみてくださいねー!