寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギー

こんにちは!(^^)!

阪神尼崎にあります伊東鍼灸整骨院の神です。

 

 

最近は、温かい日が数日続いたかと思えば急に寒くなったり、、、

体調を崩している方も多いのではないでしょうか?

花粉もピークに達し、3月も半ばですがまだまだ油断できない日が続きそうですね(>_<)

 

 

それに加え、近頃よく耳にする寒暖差アレルギーも体調不良の原因となります。

季節の変わり目や屋内外の温度差が大きい環境で咳やくしゃみ、鼻水など風邪のような症状

が出る方は寒暖差アレルギーの疑いがあります。

寒暖差アレルギーは専門的には「血管運動性鼻炎」といいます。

温度差が大きいと起こるので今の季節に限らず、夏場の屋内外でも注意が必要です。

 

アレルギーという名前がついていますが原因となるアレルゲンがないのが特徴的で、

その症状も先に挙げた風邪に似た症状からじんましん、食欲不振、イライラ、睡眠障害まで

さまざまなものがあります。

これは、寒暖差アレルギーが出てしまう原因のひとつに自律神経の乱れがあるため。

 

 

寒暖差アレルギーの対処法としては

①薄着や厚着を着分けて温度調節をこまめにする

寒いところ、乾燥しているところへはマスクをしてでかける

生活習慣を整えストレスを回避あるいは発散できる環境をつくる

 

他にも、適度な運動をすることで血行が良くなり、免疫力があがるので効果的!(*^^)v

やはり、ストレスとうまく付き合うこと、睡眠・食生活・運動など生活習慣を見直すことが

重要なんですねー^^;

 

みなさんも、上手く対処して気分よく過ごせる日を少しでも増やしましょう♪