梅雨の時期に向けて対策を!

梅雨の時期に向けて対策を!

こんにちは!

阪神尼崎にあります伊東鍼灸整骨院の神です。

 

 

GWも終わり、今度の連休が来る前にイヤな梅雨の時期がやってきますね。

 

湿度が高いので蒸し暑くイライラしたり、息苦しかったり、、、

雨のせいで思うように外出できないのもストレスになります。

 

それどころか、梅雨の時期は気分が沈むだけでなく体調不良も起こしてしまいます。

具体的には関節の痛み、頭痛、めまいなど。

これらの気温・気圧・湿度によって自律神経が乱れ

それが原因となって起こる症状を総称して「気象病」と呼びます。

 

悪いことはなさそうな水分補給も、こうした梅雨の時期や湿度の高いときに

過剰になると、本来なら汗として体の外に排出されるはずの水分が体内に留まってしまい、

体が冷えて代謝が悪くなってしまうので注意が必要です。

 

 

対策は!

水分補給は1日に必要な水分量1.2リットルを目安に摂る

 

運動(たとえばスクワットなど)で血流を良くする

 

体温を上げる

 関節は痛みのある部分をカイロなどで温める

 

自律神経を整える第一歩!!毎朝の起床時間を同じにする

 

など、とにかく血流をよくする、生活リズムを一定にして自律神経を整えることが重要です。

 

気象病対策をしっかり行なって、体調不良にならないようにしましょう(^_^)/