自転車に衝突

自転車に衝突

交通事故

先日、以前から肩の痛みで通われている患者さんが交通事故にあったとの連絡を受けました。

尼崎市内の歩道で自転車で止まっていた患者さんに、コンビニの駐車場からでてきた車が衝突して転倒。

警察に届け出をした後に相手方の保険会社へ連絡を入れてもらい、三和商店街の伊東クリニックにて受診されました。

左肩・左膝・右下腿部を負傷。その後の治療を伊東鍼灸整骨院で行っている所です。

ただ保険会社の対応に疑問が…。保険会社から電話があり「〇〇さんが事故に遭われたので治療をお願いします。期間は

3ヶ月のみこちらで治療費を負担します。」ん?三ヶ月?患者さんのケガの具合も知らないのに?三ヶ月で治らなかったら

どうするのか?保険会社は患者さんの救済のものではないのか?かなり疑問に感じました。

保険会社側から前もって3ヶ月の期限を言いつけるという事は通常はあり得ない事です。患者さんの状態によって

必要な治療期間を削られる事にもなります。もし四カ月の治療期間が掛る被害者の患者さんがいたとしたら、残り一カ月の

治療費は自己負担でしなくてはなりません。こういった対応をする保険会社は少なくはないと思います。

そこでオススメしているのが弁護士特約です。弁護士特約があると弁護士費用300万円まで補償してくれる特約です。

交通事故専門の弁護士を間に入れることで、適正な治療期間を受けることができます。

皆さん交通事故後の対応には気を付けてくださいね。