花火

花火

こんにちは、阪神尼崎の三和商店街にあります伊東鍼灸整骨院の徳田です

 

夏休みは花火大会や地域のお祭り、高校野球、夏フェスなどイベントも多い時期ですね。

 

昨日は天神祭で大阪では電車など交通状況も乱れ大変だったみたいですね…

 

暑いけど年に一度のイベントには参加したいもんですね(^o^)まっ僕は忘れてましたが…

 

そんなこんなでフと花火って誰が考えたのだろう??日本が始まり?

 

ちょっと気になり花火歴史を簡単に調べてみました(^o^) だれか興味あるのかな。笑

 

花火の起源については諸説ありますが、一般的には古代中国とされ煙による通信手段であり、

 

火薬の技術の発達とともに花火が誕生したそうです!日本が始まりでは無かったのか~(+_+)

 

その後、ヨーロッパに渡り鑑賞用の花火は14世紀で火薬・花火製造が盛んに行なわれたイタリアとされ、

 

16世紀になるとイングランドで花火の技術が大きく進歩しました。

 

日本では花火の初使用がいつどこで行われたのかは定かではないが…

 

古い記録としては室町時代の公家万里小路時房の日記1447年5/5に浄華院における法事の後に境内にて

 

「唐人」が花火と考えられる風流事を行ったという記事が見えている。。。何か難しい。

 

すくなくとも戦国時代には鉄砲や火薬とともに観賞用の花火が伝来したとされている。

 

室町時代から花火があるとは古い歴史なんですね!!びっくりです!

 

ちなみに天神祭は大阪天満宮が鎮座した2年後の天暦5年(951年)6/1より始まり、

 

江戸時代から日本三大祭りの一つと呼ばれるようになったそうです。

 

祭神である菅原道真の命日にちなみ、全国の天満宮において25日前後に開催されるお祭りです!!

 

こんな感じですが、

 

調べたのをかなりはっしょっているので分りにくいかもしれませんのでご了承ください(-_-;)(笑)

 

夏はまだ始まったばかりなのでまだまだイベントは続きますが、8/4は淀川花火がありますね(^o^)

 

僕の家からも見えるので毎年楽しみにしています!!

 

皆さまもくれぐれも熱中症には気を付けてこの夏を楽しんでいきましょう~♪