幸せホルモンが分泌される行動とは

幸せホルモンが分泌される行動とは

6月病とは正式な病名のある
病気ではありませんが、
体調不良が引き起こされたり、
気分が沈んでしまうことを指します。

これを防ぐために重要なのは、
幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを
しっかりと分泌させることです。

【6月病予防に必要なセロトニンが分泌される方法】
1,運動を行う
適度な運動は、
セロトニンの分泌を促します。
特にリズミカルな運動は、
分泌を促進されるので、
継続的に行った方がよいでしょう。
最もおすすめなのが、
ランニングやウォーキング、
サイクリングです。
負荷が高いものはストレスになることがあるため、
普段から気軽に続けられることが大事です。

2.トリプトファンを摂取する
トリプトファンという栄養素は、
身体の中に入るとセロトニンと
同じような役割を果たすことで知られています。
トリプトファンが豊富に含まれているのは、
大豆製品や魚、肉、乳製品が挙げられます。
バランスよく食事をとることで
精神的にもプラスの影響があるため、
意識して献立を考えた方がよいでしょう。

3.日光浴を行う
太陽の光を浴びることによって、
セロトニンの分泌が促進されます。
タイミングとして最もおすすめなのが、
起きてすぐです。
朝日を浴びることによって、
自律神経の切り替えをスムーズに行うことができ、
身体のバランスを整えることができます。

梅雨の時期を楽しく過ごすためにも、
セロトニンの分泌を意識して
生活習慣を見直しましょー(^^)/