月別: 2023年4月

・炭水化物で脳と筋肉を元気に!

Fromとくだ

炭水化物は身体のエネルギー源
一般的に炭水化物を食べた分の

20%は脳へ70%は筋肉で
消費され残り10%が臓器です

なので、炭水化物をしっかり
摂らないと頭も体も働きが
悪くなりますね(;_;)

朝食抜きや糖質制限はあまり
お勧めできません(‘;’)

炭水化物といっても
色んな食材がありますが、
お勧めはやっぱり「お米」です。

糖尿病の方や医者から
制限を掛けられている方は
気を付けないといけませんが
そうでない方は、

お米の摂りすぎによる
健康被害はありません。

逆に健康や美容にも
効果が良いとされています。

ただ、運動不足の方は筋肉での
消費が減り臓器に負担が
かかってしまいますので
運動は必須です!

なので、僕は筋トレ推奨です!(^^)!
運動が苦手な方は
日常的に体を動かすだけでもOKです

食べない、動かないが
一番体には悪いので
食べて、動くを心掛けましょう~!!

ちなみに私は一日4合近く
お米を食べています(笑)

制限せずに食べるのは幸せです(^^)/
皆さん良い休日をお過ごしください。

頭皮に浴びる紫外線が老け見えの原因?

頭皮の紫外線が及ぼす3つの影響

fromとくだ

暖かく過ごしやすい気候になってきたため、
屋外で過ごす時間が
増えているのではないでしょうか?

しかし、この季節から徐々に
紫外線の量が増えてきており、
その影響が出始めます。

そんな中、紫外線対策を
案外忘れがちなのが頭皮です。

髪に守られているようにも見えますが、
実は頭皮は顔の3倍の紫外線を
浴びていると言われています。

そこで今日は、
頭皮の紫外線が及ぼす3つの影響についてご紹介します。

【頭皮の紫外線が及ぼす3つの影響】
1.抜け毛や薄毛が加速する
紫外線を浴びると、
頭皮は乾燥しやすい状態になります。
そうすることで、
これから髪が育つ環境が悪くなってしまい、
抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

髪が抜けるのは
髪の問題と思っている方もいますが、
頭皮の状態が悪いと
抜けやすくなってしまうので注意しておきましょう。

2.髪質が悪化する
髪はケラチンというタンパク質でできています。
この成分は紫外線に当たることによって
酸化してしまうので、
髪の傷みやパサつきなどの症状が
出てきてしまうのです。
傷んだところを切れば問題ない
と思っている方もいると思いますが、
頭皮も紫外線の影響を受けていると、
健康な髪が生えてこなくなります。
そうすると、
徐々に髪質が悪化してしまうのです。

3.顔のたるみが加速する
頭皮が紫外線のダメージを受けると、
ハリや弾力がなくなってしまいます。
頭皮と顔の皮膚はつながっているため、
頭皮のたるみは顔のたるみに直結するのです。
どれだけ顔の紫外線対策をしていても、
頭皮の対策を行っていなければ、
たるみを防ぐことはできないでしょう。

忘れがちな頭皮の紫外線対策ですが、
放っておくとさまざまな悪影響があり、
老け見えする原因にもなります。
顔の対策だけではなく、
頭皮も対策しておくことで
若々しい見た目を維持できるので、
ぜひ今年から行ってみてくださいね。

伊東では、小顔矯正や快眠メニューで
頭皮マッサージ施術をおこなっています。
頭の筋肉、筋膜を緩めて頭皮の環境を
整えて若返りましょー(^^)/

4月26日は「いい風呂の日」!

本当に体が喜ぶ効果の高い入浴方法とは?

fromとくだ

4月26日は、
いい風呂の日に制定されています。

春になって徐々に気温が高くなってきたため、
湯船につからずにシャワーで
終わらせる日が増えてきていませんか?

入浴にはさまざまな効果があると言われており、
心身の健康にもいいことがわかっています。

しかし、間違った入浴方法を行っていて、
体に負担をかけていることもあるようです。

そこで今日は、
体が喜ぶ入浴方法について
ご紹介していきましょう。

【体が喜ぶ入浴方法】
1.ぬるめのお風呂で全身浴
身体を温めるために、
熱いお風呂に浸かるという方もいるでしょう。

しかし、急激に外の温度が変わると
ヒートショックを起こしてしまう
可能性があります。そのため、

40℃程度のぬるめのお湯に浸かって
リラックスするようにしましょう。

一般的には半身浴の方がよいと言われていますが、
実は全身浴の方が高い効果があることが分かっています。

10分程度、肩まで浸かって身体を温めましょう。

2.入浴前後にはしっかりと水分をとる
入浴の時に水分補給を忘れている方は多いです。

実は1回の入浴では
約800mⅬもの水分が失われていると
言われています。

そのため、入浴の前にはコップ1~2杯程度の水分を
とっておくことをおすすめします。

最も最適なのは、
ミネラルが含まれた麦茶です。

入浴後にも体から失われた水分を
補給しておきましょう。

3.寝る1~2時間前に入浴する
体温が下がっていくと同時に、
人は眠くなるようにできています。

そのため、寝る1~2時間前に入浴して身体を温めておくと、
自然に睡眠が促されて質のよい睡眠を
とることができます。

事前に逆算して、
お風呂に入る時間を決めましょう。

お風呂は身体をリラックスさせるだけではなく、
心の健康を保つのにも効果があると言われています。

この時期には心身共に不調を訴える方が多くなるので、
日常生活の中で対策をしておくといいでしょう。
 

茶殻の使い道はこんなにたくさんあった!

fromとくだ

緑茶を飲む時に必ず出る茶殻は、
捨てるという方が大半のようです。

しかし、実は茶殻にはさまざまな
使い道があることをご存じでしたか?
そこで今日は、

緑茶を飲んだ後の茶殻の使い道について
ご紹介していきます。

【緑茶を楽しんだ後の茶殻の使い道】
1.食材として楽しむ
2煎目まで入れた茶殻であっても、

44%程度のカテキンが残っていると
言われています。

この状態で捨ててしまうのは
もったいないですよね。

より多くの栄養をとるのに最適なのは、
調理して食べるということです。

茶葉には水に溶けない
βカロテンや食物繊維が
豊富に含まれており、
それを摂ることができるのもメリットです。

特に新茶は柔らかいので、
問題なく食べることができるでしょう。

2.枕に入れて香料として使う
乾燥させた茶殻をネットに包んで枕に入れると、
寝ている時に、
よりリラックスした状態を
維持することができます。
4月には環境が変わることも多く、
心身共にストレスを感じることが増えるので、
身体も心も休ませることが大切でしょう。
緑茶の香りが好きな方におすすめです。

3.入浴剤として使う
茶殻をネットに入れてお風呂で使えば、
入浴剤の代わりとなります。
お湯の中に入れて一定の時間が経つと、
徐々に緑茶の香りが強くなって
身体も心もリラックスすることができます。
最近ストレスを感じている方は、
ぜひ試してみることをおすすめします。

いかがでしたか?
緑茶には健康によい効果がたくさんあるので、
普段から飲む習慣をつけると
いいと言われています。
その時に出る茶殻には、
まだまだたくさんの効能があるので、
そのまま捨ててしまうのはもったいないです。
さまざまな使い方ができるので、
ぜひ試してみてくださいね(^^)/

緑茶週間!

緑茶週間!

fromとくだ

毎年4月29日~5月5日の一週間は、
緑茶週間となっています。
緑茶には、豊富なカテキンが含まれ
健康効果があることをご存じでしょうか?
お茶を飲むだけで健康な状態を
保てるのであれば、続けやすいですよね!

【緑茶にある健康的な効能】
1.風邪予防
カテキンには、
高い抗菌・殺菌作用があります。
身体の中に含まれる
細菌の細胞膜を破壊して
殺菌してくれるので、
風邪のウイルスが身体の中に入っても
しっかりと殺菌してくれます。
そのため、風邪を引きづらい
身体を作ります。
風邪だけではなく、
虫歯や食中毒の予防にも効果があります。

2.美肌効果
緑茶にあるカテキン・ビタミンCには、
高い抗酸化作用があります。
生活週間で肌が酸化すると、
肌トラブルや老化現象が
出てきますが、その現象を
防ぐ効果があります。
そのため、より美しい肌を維持するのにも
効果的と言えます。

3.コレステロール値を下げる
カテキンに含まれている
ガレート型カテキンは、
コレステロールを低下させる効果が
あることが分かっています。
その上、中性脂肪の上昇を抑制したり、
体脂肪を減らすことも報告されています。
そのため、普段から緑茶を飲んでおくことによって、
生活習慣病のリスクを下げることが可能でしょう。

私たちの生活に使われている緑茶を
食事の際や普段の水分補給として
緑茶を選ぶといいでしょう。
ただ、摂りすぎは体調不良を
引き起こすので、
適度にしておくことが重要です。

明日は、茶殻の使い道についてです(^^)/