カテゴリー: 交通事故

交通事故 後遺障害 等級

伊東鍼灸整骨院に来られる交通事故の患者さんでも数ヶ月通院しても症状が取りきれない患者さんはいます。

いわゆる後遺障害を意味し「医学上これ以上の回復が見込めない」と判断された場合の症状や障害のことを言います。

後遺障害の等級というのは、事故によって残ってしまった後遺障害の症状やその程度により14段階に分けたものです。 事故によって後遺障害が残ってしまった方は、医師に症状固定と診断された後、保険会社に必要書類を提出することによって等級の認定を受けることができます。

後遺障害が認定されると、治療費や入院費とは別に逸失利益、後遺障害慰謝料を請求できるようになります。

これは認定される等級などによって金額は全く違ってきます。知識のある弁護士かどうかによっても変わってきますので、

しっかり交通事故専門の弁護士にお願いする方がいいでしょう。伊東鍼灸整骨院では提携弁護士がいますのでご相談下さい。

ただし、後遺障害の認定は痛みが残っていれば必ず認定されるわけではないです。病院で十分な検査と整骨院で適切な治療を受けなければなりません。

事故を受けるだけでも損ですが、十分な補償が受けられないのも大きな損ですね。

皆さま事故に気を付けるのはもちろん、万が一起こってしまった時は伊東鍼灸整骨院にご相談ください。